ー般社団法人地域国土強靭化研究所Local Resilience Research Institute: LRRI

新着情報NEWS・イベント

2020.12.05イベント

令和3年5月19日&6月2日 各種資格試験に役立つ「技術者講座」(災害で気づき・学び・活かす)のご案内 

地域国土強靭化研究所(LRRI)では,土木研究センターと共同で以下の講座の開講を予定しています。
LRRI会員・非会員関わらず是非この機会にご参加ください。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
日時:令和3年5月19日(水)(13:00-17:30)

    及び 令和3年 6月 2日(水)(13:00-17:30)  計2回

    講座名:技術者講座「災害で気づき・学び・活かす」
講師:一般財団法人 土木研究センター 常田賢一理事長

場所:(一社)茨城県産業会館(www.is-kaikan.or.jp)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加方法:オンサイトとオンラインとのハイブリッド

参加料:・ 会員*:テキスト*代を入れて 6,000円(申込時一括支払い)
     学生は半額(3,000円)
・ 非会員:8,000円(同上)
(※振込方法は、添付参照)

会員*…地盤工学会会員,(一財)土木研究センター賛助会員,(一社)地域国土強靭化研究所(LRRI)会員,茨城県建設コンサルタンツ協会会員を指します。

テキスト*は,常田賢一著「土木技術者のためのプロフェッショナルの姿勢と視点」(土木研究センター刊,2020)

CPD ポイント:地盤工学会から賦与(一回4.5時間として 4.5 x 2 = 9 ポイント)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆プログラム
【令和3年5月19日】
1) 道路盛土の性能評価と性能設計〜土工構造物技術基準との関係
2) 津波に対する盛土の粘り強さとその活用
3) 河川堤防の越流特性と対策の考え方

【令和3年6月 2日】
4) 落石の特性と対策の考え方
5) 土石流の特性と対策の考え方
6) 地表地震断層の特徴と設計・対策の考え方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆講座のねらい:
① 施工事例を通じて建設技術者災害対策への取り組み方を習得する。
② 併せて,現在の“施工指針”や“マニュアル“の問題点をあげて,今後の方向の考え方を紹介する。したがって,今後の行政機関の業務発注のヒントを取得する。
③ 協会や協会所属の企業の技術研修の一環として取り入れる。
④ 各種資格試験の準備につなげる。
⑤ 全体を通じて,建設技術者に必要な“高い倫理感”を涵養する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
申し込み:令和 3 年 4 月 22 日(木)まで
申込用紙に記載の上,PDF 版を下記の宛先まで送付ください。
一般財団法人 土木研究センタ―技術研究所
庶務・広報部 外山、松崎
e-mail:mail@pwrc.or.jp

▼土木研究センターHP
技術者講座「災害に気づき・学び・活かす」 (pwrc.or.jp)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催:(一財)土木研究センター (pwrc.or.jp)
   (一社)地域国土強靭化研究所 (https://lrri.or.jp)

共催:地盤工学会関東支部

後援:茨城県建設コンサルタンツ協会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問い合わせ先:
一般財団法人 土木研究センター 技術研究所 庶務・広報部 外山、松崎
TEL:029-864-2521
e-mail:mail@pwrc.or.jp
又は、一般社団法人 地域国土強靭化研究所 事務局 今澤
e-mail: info@lrri.or.jp

2020.11.30イベント

2020年11月30日 北茨城処分場施設のり面強化復旧設計業務を終了しました

2020年11月30日 LRRIが北茨城処分場施設のり面強化復旧設計業務を終了しました。

2020.11.14イベント

11/2(開催報告)「気候変動対応技術/ビジネス研究会」キックオフセミナーを開催しました

令和 2 年 11 ⽉ 2 ⽇(⽉)茨城県産業会館において,「気候変動対応技術/ビジネス研究会」キックオフセミナーを開催しました。当日は関連企業、大学,銀行などから総勢53名の参加者が集いました。安原代表理事による研究会の趣旨説明の後、国⽴環境研究所主任研究員の岡 和孝様より,「気候変動適応と⺠間事業者」について、基調講演を頂きました。その後、関連企業から気候変動緩和・適応技術に関する事例紹介を紹介して戴きました。名刺交換会の後、キヤノングローバル戦略研究所の堅⽥元喜様による司会のもと総合討論が行なわれ、行政による政策と企業による気候変動対応ビジネスの今後の在り方などについて意見交換が行われました。セミナー後、各参加者には受講証明書(土木学会関東支部茨城会の後援によって,3.2CPDポイント付与)が配布されました。

研究会の趣旨説明(安原代表理事)

基調講演(国立環境研究所 岡和孝主任研究員)

企業事例紹介(三井化学産資(株)西村淳様)
総合討論((株)共⽣ 鈴木正己様)

総合討論総括(キャノングローバル 戦略研究所 堅田元喜様)

2020.11.05NEWS

2020年11月5日 「ブルーアース・第17回E&Eセミナー」において、LRRI安原代表理事,岸田副代表理事及び足立会員が話題提供を行いました

2020年11月5日 「ブルーアース・第17回E&Eセミナー」において、LRRIの安原代表理事,岸田副代表理事及び足立会員が話題提供を行いました。

(下記リンク先参照)

PDF No. 2 NPOブルーアース_三折ちらし_202008_V5-1-2020.9.5 (最新).pdf (769 KB)

2020.10.28イベント

気候変動対応技術/ビジネスに関するキックオフセミナーのご案内

11/2(月)に地域国土強靭化研究所(LRRI)主催のキックオフセミナーとして、「気候変動対応技術&ビジネスセミナー」を開催致します。
本セミナーでは、国立環境研究所 岡和孝様による基調講演を頂戴しました後、各関連企業より、気候変動対応技術として事例紹介を行って頂きます。
今回は、(一財)土木研究センター(PWRC)に共催戴くとともに,後援戴く土木学会関東支部茨城会のご協力で「土木学会 継続教育(CPD)プログラム (受付番号:9249)」(ポイント3.2単位)と位置付けて頂くことになりました。
是非この機会にセミナーの聴講にご参加頂けますよう,ご案内いたします。
参加ご希望の際は、添付の申込書にご記入の上、事務局までご送付ください。
参加申込締切:10/26(月)